たかが口臭、されど口臭。口の臭いは人を不快にさせ、大事な人間関係を壊してしまうことだってあります。

自分の口臭でまわりの人たちが困っているなんて、想像するだけで嫌ですよね。

ですが、あなたが今やっている口臭対策は本当に効果のあるものですか?

今回は、もしかしたらあなたにとって新常識となるかもしれない、口臭を根本原因から解決していく方法についてご紹介します!

 

口臭は病気なの?3つの口臭原因を解説

対策はしているはずなのに、どうしてずっと臭いが消えないのか…!最終的には「これって病気なのかな…?」と本気で悩んでしまう方もいると思います。

まずは何が原因なのか、そこを明らかにしてみましょう。

口臭は大別すると、以下のように分けることができます。

  • 生理的口臭
  • 病的口臭
  • 心理的口臭

 

生理的口臭

日常生活に原因があって、誰でも、健康な人であっても現れる口臭です。たとえば朝起きた時だったり、お腹が空いている時だったり、女性の場合は月経や妊娠などホルモンバランスの変調によって起こることもありますね。

また、ニンニク料理や納豆、キムチなどのニオイの強い食べ物、それに飲酒やタバコを吸っていることなどで一時的に口が臭くなるのも生理的口臭に分類することができます。

病的口臭

 

なんらかの病気によって口が臭くなっているケース。病的口臭のうち90%は歯周病や歯槽膿漏、舌苔など、口の中の原因によるものとされています。

口の中以外だと、糖尿病や消化器系の病気、肝臓疾患、もしくは鼻やのどの病気などが考えられます。

心理的口臭

ストレス、それに緊張や不安などによって発生する口臭です。

「私の口、クサイかも……」「他人に迷惑をかけているんじゃ……」と思ってしまうことで、本当はそれほどでもないのに、余計に臭いが気になってしまっているということもあります。

自分では気づきにくいからこそ、意外と厄介なケースが多いのが心理的口臭です。

 

 

異常な口臭は病気の可能性もあります

口臭は病気なのかと言われれば、病気ではありません。もちろん、病的口臭に関してはなんらかの病気が背景にあるわけですから“病気”と言うこともできますが…。

また、口臭によって本人に“不安を感じる症状”が見られる場合には「口臭症」と定義されます。口臭が病気であっても、病気でなくても、なにかしらの対策は必要と言えるでしょう。

 

口臭対策の前にチェックしておきたい3つのポイント

口臭のほとんどは、原因が口の中にあります。まずは自分でも確認できる部分をチェックしてみましょう。

  • 歯や歯茎は大丈夫?
  • 舌苔は大丈夫?
  • 口の中は乾いていない?

 

歯や歯茎は大丈夫?

虫歯や歯周病、歯槽膿漏、歯肉炎などの疾患はありませんか?まずは、これらをきちんと治療すること。大丈夫だよ!という人も、定期的に歯科医にお口の中をチェックしてもらうと安心です。

歯石は自分で取ることができません。初期の段階で除去してもらえば、歯周病予防、さらには口臭予防にもなりますね。今まで行っていなかったという人は、ぜひ近いうちに診察を受けに行きましょう。

舌苔は大丈夫?

舌苔(ぜったい)とは、舌の表面に付いている白いコケのようなかたまりです。鏡の前でアッカンベーをして、チェックしてみましょう。舌苔は食べカス、粘膜や細胞が剥がれたもの、そして細菌の集合体です。

粘膜や細胞が剥がれたもの、というと怖いですが、肌と同じように口腔内の粘膜も、新陳代謝によって常に新しく生まれ変わっています。それらを雑菌がエサとして食べると、ニオイ物質を発生させてしまうのです。

口の中は乾いていない?

口臭の元となるニオイ物質にもいろいろありますが、なかでも3つの揮発性硫黄化合物が代表です。

  • 腐った卵のようなニオイのする「硫化水素」
  • 生臭いニオイのする「メチルメルカプタン」
  • 生ごみのようなニオイのする「ジメルサルファイド」

これらが悪臭を放ち、口臭の原因になります。ちなみに腐った卵のようなニオイの場合は、ピロリ菌が原因の胃炎や胃潰瘍などの消化器官の疾病も疑う必要が出てきます。

消化不良や胃酸が逆流するなど、自覚症状を感じたら、悪くなる前に早めに医療機関を受診してくださいね。揮発性硫黄化合物を作り出す口内の細菌は、口の中が乾いていると増殖し、活発に働くようになってしまいます。

 

唾液は加齢とともに分泌量が減っていきますが、それ以外でもストレスや緊張を感じたとき、もしくは空腹時などにも一時的に少なくなることがあります。

唾液は意識して増やすことも可能です。手軽な方法だと、歯磨きで口の中を刺激してあげること、ガムを噛むこと

 

お口の中をケアして臭いを一掃!

歯や歯茎の病気、舌苔、そして口の乾き。口臭の根本原因である細菌は、これらによって増殖してしまうので、まずはこの3つをケアの基本をマスターすることが必須です。

 

歯科の治療に通う

まず、虫歯や歯周病などがある人は、歯科医の治療を受けましょう。特に歯周病や歯肉炎は進行すると痛みが強くなり、歯磨きしただけでも出血するようになります。そうなる前に、早めに治しておきたいですよね。

それと共に、日頃からきちんと歯磨きをして、口の中を清潔にしておくことは基本です。歯茎の境目、それに差し歯の隙間などには特に歯垢(プラーク)が溜まっています。

歯垢は細菌のかたまりなので、しっかり取り除きましょう。

 

歯磨き粉の選び方

口臭が気になる方は、殺菌・抗菌成分が配合された歯磨き粉に注目してみてください。普通の歯磨き粉は泡立ちが良すぎて、きちんと磨く前に終わってしまう場合もあります。

その場合は、歯磨き粉ではなく“歯磨きジェル”を使ってみるというのも良いでしょう。また、口臭対策として各メーカーから“なたまめ”を使った歯磨き粉が出ています。

なたまめには体内の膿や毒素を出してくれる作用があるとされ、歯周病や歯槽膿漏がある方にはおすすめです。

正しい舌磨きとは?

歯を磨いたついでに、歯ブラシで舌をゴシゴシと磨いてはいませんか?舌は柔らかく繊細なので、舌の汚れを落とすには専用の道具が必要です。間違っても歯ブラシは使わないでくださいね!

舌ブラシを使うほか、実は唾液の分泌を増やすことも舌苔を落とすには有効です。

唾液には自浄作用があるため、きちんと量があれば、わざわざ舌ブラシで磨かなくても、舌の表面についた汚れも洗浄することができるのです。

口の中を潤す方法

口呼吸はしていませんか?睡眠中、部屋の空気は乾燥していないかなど、意識的に自分の周りの環境にも気を配ってあげてくださいね。歯磨きやガムを噛んでも良いですが、その補助としてマウスウォッシュを使っても良いでしょう。

マウスウォッシュなら口の中を洗い流すことで、細菌も減らすこともできるので一石二鳥ですね。そして意外とドライマウスと関係性が深いのがストレスです。

ストレスは溜めないことが一番ですが、それもなかなか難しいので、適度に発散していくようにしたいですね。

食べ物に気を付ける

あとは、ニオイの強い飲食物や、たばこのような嗜好品は控えること。どうしても口臭があっては困る日の前日は、ニンニク料理は避けてください。こればかりは、自分で避けるしかありません。

 

口をずっと閉じてない?

口臭が気になるからといって口を開けない、マスクをして一年中過ごす。そんなわけにもいきませんよね。もちろん生活していく上で、それじゃ困るというのもありますが、口臭の原因を作り出す細菌は、酸素を嫌う性質を持っています。

口を閉じて酸素をシャットダウンしていたら、逆効果ということなのです。

 

口臭対策グッズとは

口臭対策のケアグッズはたくさん存在します。

細菌を退治するためには、抗菌・殺菌作用のあるグッズを使うことがポイント。

口臭対策グッズをざっとご紹介したいと思います。

 

歯磨き粉

歯磨きジェルだと、舌や口腔内全体を磨けるという商品もあります。

研磨剤によって歯垢を強力に落とせる商品もありますが、それよりも菌そのものを殺菌できるような成分が配合されているとなお良いですね。

 

 

マウスウォッシュ

歯磨きとマウスウォッシュを併用すると、口臭に有効な場合もあります。寝る前に使えば、朝のお口のネバネバも解消できるので良いですね。

マウスウォッシュは味やピリピリとした刺激で、好き嫌いが分かれてしまいますが、口臭が気になっている方はぜひ使いたいアイテムです。

 

舌ブラシ

舌苔は健康な人でもうっすらと付いているのが普通です。それよりも分厚く付着していて、唾液の自浄作用だけでは取れない場合は、舌ブラシも揃えておきたいですね。

舌はとてもデリケートなので、ブラシ部分の材質にもこだわりましょう。

 

 

抗菌タブレット

外出先で歯を磨けないときに助かるのがタブレットなどの商品です。口の中の細菌に働いてくれる乳酸菌を使った商品も多いですね。歯を磨いた後でも食べられるものが多いのが魅力です。

 

徹底して調べると、本当に多くのグッズが出てきます。

注意ポイント

口臭対策では、“臭い”に“匂い”をかぶせるのではなく、“臭い”を元から消すことが大事。

匂いでごまかすようなグッズを使っている人は、

ぜひこの機会にアイテムを見直してみてください。

 

 

口臭対策グッズの選び方

口臭対策グッズにもたくさん種類があるので、「自分は何をえらべばいいの?」と困る方も多いでしょう。

用途に合わせてタイプを選びましょう。

どれかを1つ選ぶだけでなく、状況によって使い方なども視野に入れつつチェックしてみて下さい。

 

即効性を求めるなら「タブレット」

口臭タブレットは即効性が高く、水なしで飲めるので持ち運び便利。

口の中ですぐに溶けてくれるので、ポケットの中に忍ばせておくと非常に便利な口臭ケアグッズです。

ただし、商品によって効くニオイと効かないニオイが分かれるので注意。

 

継続して効果を発揮するなら「口臭サプリ」

口臭サプリは、水と一緒に飲むことでお腹の中からニオイの原因を抑えるタイプ。

薬のような感覚で飲める(薬ではありません)ので、口臭ケア用品の味がどうしても苦手な人はこちらを試してみましょう。タブレットとの違いは即効性がないという点。

しかし、継続して続けていくと効果を発揮するのが口臭サプリ。

慢性的な口臭にお悩みの方はタブレットと併用してみて下さい。

 

口内環境を整えるなら「マウスウォッシュ」

マウスウォッシュの口内環境を整えてくれる口臭ケアグッズ。

歯磨きの時間を確保できない時でも、サッと口をゆすぐだけで口臭ケアができるので、自宅・職場でも使いやすいです。

商品によってはアルコール入りの刺激が強いマウスウォッシュもあります。

口の乾燥は口臭を引き起こす原因にもなるため、ノンアルコールの商品を選びましょう。

 

歯や下を綺麗にしたいなら「歯磨き粉」

口の中全体や舌を磨くことができる「歯磨きジェル」もあります。歯垢をしっかり除去できる研磨剤配合のグッズもありますが、歯や口内への負担が大きいのが難点。ですから、やはり菌自体をやっつける成分が入った商品を選ぶことをおすすめします。

 

 

口臭対策グッズおすすめ総合ランキング

今回は数ある口臭対策グッズの中からおすすめをランキングでご紹介します。

  • タブレット
  • サプリメント
  • 歯磨き粉
  • マウスウォッシュ

INIO(イニオ)

特徴

・口腔内の環境を整える

・爽やかミント味

口臭予防成分

・ロイテリ菌、ラクトフェリン、なた豆エキス、ポリグルタミン酸、デオアタック、シャンピニオンエキス

定期コース価格

(税抜)

初回:980円

2回目以降:4,834円

・送料無料

継続購入縛りなし

キラビアンカ

特徴

ホワイトニング成分が6種類配合。SNSで話題の歯磨きジェル

ホワイトニング成分

・ポリリン酸Na、ピロリン酸Na、メタリン酸Na、スイカズラエキス、パパイン、ハイドロキシアパタイト

価格

単品:6,800

定期:100円

ゴッソトリノ

特徴

・新感覚のマウスウォッシュ

・お口の中をやさしくお掃除

口臭予防成分

・シメン-5-オール、アラントイン

定期コース価格

(税抜)

初回:1,380円

2回目以降:3,300円

・送料無料

・30日間の返金保証

継続購入縛りなし

 

口臭ケアをする前にココをチェック!

 

口臭の引き金の大半は口内にあるということでした。まずは、前もってできる範囲で色々とチェックしてみましょう。

歯茎や歯の状態は万全?

まず、歯肉炎、歯槽膿漏、歯周病、そして虫歯などの病気になってはいないでしょうか。もし調子が悪いようであれば、完治させましょう。また現状問題がなくても、定期的に歯医者に行くことをおすすめします。

それから、自力で歯石を排除するのは不可能なので、歯医者で早い段階で取ってもらうのが大事です。そうすれば、口臭はもちろん、歯周病の防止にもなります。「そういえばもう数年歯医者に行っていない……」という人は、今すぐにでも歯医者の予約を入れてくださいね。

 

舌苔(ぜったい)もチェック!

舌の表面に付着した白色のコケのようなもののことを「舌苔」と言い、これは細菌の集まり・細胞や粘膜などの残骸・食べカスなどが生み出します。一度鏡に向かって舌を突き出して確認してみてください。

皮膚と一緒で、口の中の粘膜も新陳代謝によって新しくなるので、「細胞や粘膜の残骸」が出ること自体は何もおかしくないのでご安心を。ただ雑菌がそれらを食べてしまえば、口臭が強くなる可能性が高いです。

 

口内は乾燥していない?

他にもありますが、主に以下の「揮発性硫黄化合物」3つが口臭の原因となるメイン物質です。

ジメルサルファイド:生ごみ臭

メチルメルカプタン:腐敗した魚臭

硫化水素:腐敗したタマゴ臭

 

これらの物質が口臭を強くします。ちなみに、ピロリ菌を引き金とした消化器官の病気(胃潰瘍、胃炎など)によっても、腐敗したタマゴのような口臭が発生する場合もあるので気を付けましょう。胃酸の逆流や消化不全などに見舞われるのであれば、早急に病院に行ってそれ以上悪化させないようにしてくださいね。

そして口の中が乾燥していると、揮発性硫黄化合物を発生させる細菌を増殖させてしまいます。老化によって口内を潤わせる唾液の量が少なくなりますが、その他にもお腹が空いていたり、プレッシャーやストレスがあると量が減る場合があります。

ガムを噛んだり歯磨きをしたりすれば、すぐに解決できます。単純に水で潤すというのも有効ですよ。

 

口臭を元から絶つには?

口内の乾燥、舌苔、歯茎や歯の疾患。これらの影響で、口臭の元凶となる細菌が殖えてしまいますので、まずはこれらを防止・改善しましょう。

 

最後に歯医者に行ったのはいつですか?

まず、歯周病や虫歯に見舞われているのであれば、歯医者に行ってください。ことに歯肉炎や歯周病がエスカレートすると、歯磨きを行っただけでも血が出るようになりますし、そもそも痛みも酷くなります。ですから、早めに手を打ちましょう。

それから、毎日丁寧に歯磨きを行って、口内を綺麗にしておくのは「ケアの大前提」です。プラーク(歯垢)は特に歯茎や差し歯のスキマなどに蓄積しやすいので、しっかり磨きましょうね。プラークは細菌の塊ですから、残さず除去してください。

 

どんな歯磨き粉を使ってる?

「防菌・除菌成分が入った」歯磨き粉を使うと、口臭をケアすることができます。また、一般的な歯磨き粉は泡が立ちすぎて、「ちゃんと磨いていないのに磨いた気分になってしまう」恐れがあるので注意してください。そういう時は、歯磨き粉は避けて「歯磨きジェル」を試してみるのもおすすめです。

「なたまめ」入りのものを使うのも良いでしょう。なたまめには身体の中の有害物質や膿を追い出す効果がありますので、歯槽膿漏や歯周病に見舞われているのであれば、ぜひ使ってみてくださいね。

 

舌磨きをしすぎると口臭が悪化する!

「舌磨き」をすることは大事ですが、単に歯ブラシで力一杯磨くのはNGです。舌は非常にデリケートですから、歯ブラシで磨くのは絶対に駄目。

専用のアイテムがありますので、それを使ってください。それから、唾液を多く出すことも、舌苔対策になります。唾液には「自浄効果」がありますから、十分に分泌されていれば舌表面の不要物を排除してくれます。

 

ストレスでも口が乾燥する?

まず、口呼吸はよくないので鼻呼吸に切り替えてください。また、乾燥した室内で眠ることでも口が乾くので注意が必要です。先述のとおり、ガムを噛んだり歯を磨いたりするのも有効ですが、「マウスウォッシュ」で積極的に対策するのもおすすめ。

マウスウォッシュであれば口の中を綺麗にして、細菌を除去することができます。またストレスによっても口の中は乾いてしまうとされています。ただ「ストレスを蓄積させない」と言っても簡単ではありませんので、「ちゃんと発散させる」という考え方でいた方が良いと思います。

 

クサイ食べ物に注意!

それから、タバコやニオイのキツい食べ物をできるだけ避けるのも大事です。特に人と接するような仕事などの前日には、そういったものは食べないようにしましょう。これは、あえて説明することでもないかもしれません…

 

口を全く開けないとますますクサくなる!

ずっとマスクをつけたり、口を閉じたままにしているのは考え物です。酸素には口臭の原因となる、細菌をケアする効果があるからです。

朝起きた時に口が臭いのは寝ている間、口を閉じたままにして細菌が増殖しているからです。日中も「口を閉じて酸素を取り込まないのはNG」というわけですね。

 

さいごに

口臭の根本原因は日常生活の中のいくつかの要素を見直すだけで、解消されていきます。“息美人”になれば、人生が変わるかも?間違った方法でセルフケアするよりも、グッズに頼るほうが良いときもあります。

ぜひうまく口臭対策グッズを活用してみてください。

 

Copyright© 口臭コミュニケーションズ , 2019 All Rights Reserved.